電子水の効果

エレクトロチャージャーという機械装置により、静電誘導現象をおこし、水分子に強制振動をあたえ、水をイオン化し,小さな分子集団(クラスター)をつくる原理です。
 これにより、マイナスイオンが豊富ななめらかな水ができ、塩素が少なくなり,免疫力が向上するといわれています。
電子水は、水の分子集団(クラスター)が小さいという特徴があります。そのため浸透性が高く、細胞の隅々へと浸透し、栄養素を運び入れ、老廃物を運び出し、細胞の1つひとつを活性化して行きます。
長寿の村の水や身体に良いと言われている温泉水もクラスターが小さいということが解ってきました。
 また弱アルカリ性(pH7.4)であることからも、電子水を作物に使うのは人体のやさしい作物になるでしょう。